まとめと実践

特定のアイデアやトピックについてのページに注目してあなたのウェブサイトを見なおしてみましょう。例えばタイトルやヘッドライン、ヘディング、ボディーコピーなど目立つテキストエリアにキーワードを使っているでしょうか?
他のウェブサイトからのリンクを評価するとき、誰があなたにリンクをしていて、それらのサイトのうちリンクをしているアンカーテキストがあるでしょうか?
あなたのウェブサイトとあなたより上位のウェブサイトを比較してみましょう。
キーワード選びであまり一般的になりすぎてはいけません。三単語か四単語の検索を選びましょう。そして、だれが自分より上位にいるか見てみて下さい。スプレッドシートを作ってランキングに有るページのテキストエリアと構造を比較してみましょう。テキストエリアとバックリンク、バックリンクアンカーテキスト、ナビゲーション、単語の出現率を比較してみましょう。
キーワード調査の章で更に詳しくどのようにしてキーワードを選択して利用するかについて説明致しますので、キーワードの回数がランキングの鍵ではなく、スタートに過ぎないことをご確認下さい。
Comments