過去の検索エンジンがどのように機能していたか

検索エンジンとその挙動についての曖昧さは検索エンジン産業が誕生した1999年頃にさかのぼります。それ以前には、検索のマーケティングは今日と は全く違うものでした。1990年台にランキングを向上させるための手法は今日では通用しません。しかしながら、これらの記事や内容が未だにインター ネット上に出まわっており、オンラインマーケターを悩ませています。SEOについての情報を検索すると、どういうことかわかるのではないでしょうか。情報が古かったり、矛盾していたり、集約されていなかったりします。

2000年を境に、方針と心構えに変化が生まれました。SEOの専門家はランキングは成功の最重要点ではないと気づき始めました。Analyticsが事業のゴールを測定し始めた時、ランキングを良くすること最重要ではないことが確認されました。事業のゴールと売上を増加すること、すばやく取引を行うことが成功のための要件と認識されました。

ウェブサイトで仕事をするときには、いつも選択に迫られます。ユーザに とって目に見えない数々のテクニックを使ってランキングを上げるか?それとも、ユーザが目にするコンテンツに時間を使うか?というものです。あなたの時間と資源が限られているときは常に、どの行動が売上の増加につながるのかすぐに知ることができます。SEOの専門家が教えるテクニックやアドバイスではなく、あなたのウェブサイト上で最も長続きして最も効果の大きな作業は、訪問者が必要として いる質の高いコンテンツとあなたのウェブサイトで行動を起こしてもらうための説得力の有る理由を提供することなのです。

古い技術の特徴は共通しています。ランキングを上げるための近道や検索エンジンに好かれる方法などです。技術の進歩によってこれらのテクニックを検索エンジンが見つけ出すことは簡単になり、それらのテクニックが見つかると検索エンジンからペナルティを受けたり、表示されなくなったりしてしまいます。自 分たちのメッセージとユーザーに焦点を絞ったサイトはランキングと利益を確保して生き残りました。以下に古い技術を用いた最適化の手法を示しておきます。 これらの手法を目にしたら、古い内容であることを認識しましょう。

・ 検索エンジンに登録する

・メタタグのキーワード

・背景と同じ色の文字を使う

・キーワードの密度

・キーワードの詰め込み


これらはすべてランキングを上げるためのものですが、マーケティングにおいてユーザーの視点が欠けています。

これらの手法は現在でもたくさんのSEOの専門家やマーケターが行なっていますが、たとえばキーワードの密度がある数値だったとしたら、ユーザは最も内容を理解できるのでしょうか。そうではありませんよね。どんどん賢くなっている検索エンジンはこのことを認識していきます。コピーライティングに関して、 Karon Thackstonという人がMarketing Wordsの中でこのように述べています。「あなたのコピーを大きな声で読んでみよう。もしそれが繰り返しが多すぎたり、不自然だと感じたら、たぶんそう だと思いますよ。」

 訪問者はキーワードのグループをスキャンするよりも直接文章を読んだり、情報を処理したりする ほうがより早く簡単に出来るはずです。文章はより正確に考えを伝えることができ、キーワードのための文脈を作ることができます。検索者にクリックしたり、 製品を購入したり、行動を依頼する場合、文脈を与え、説得力のある、上手に書かれた文章は、何度も言葉を詰め込んだりするよりも常に効果的です。

別の機会に、コピーライティングについてのガイドを書きますが、これは非常に重要です。 私の経験上、上手に書く能力は最も過小評価されている作業です。

Comments