アナリティクスで統合する

どうしてAnalyticsを活用しないビジネスが こんなにもたくさんあるのか理解出来ません。マーケティング、検索エンジン最適化、ソーシャルメディア、Pay-per-Clickなどの観点からウェブ サイトについての意思決定のために必要な内容がわかるのです。デザインの変更についてもAnalyticsを用いることで測定して改善することが出来るのです。

Analyticsを使わなければ、改善のためにお金を使うことは出来できません。新しいデザインが良いのか悪いのかに確信を持つことができませんし、コピーライターが沢山の人を引きつけているかも知ることができません。利益を出すために必要な全ての質問に対してAnalyticsを適切に用いれば答えられます。


検索エンジン最適化(SEO)

SEO は、あなたが注目している指標において劇的な改善をもたらします。訪問者数を測っているウェブサイトではサイトを人目に触れる機会を増やしますし、Eコマースや問 い合わせをとるためのサイトでは、SEOは訪問者の数を増やすだけでなく、訪問者の質も上げるため、2-5倍ほどコンバージョン率を上げることが可能です。ウェブサ イトがどれだけ古いか、SEOが行われているか、訪問者数や問い合わせ、コンバージョンなどの様々な要因によって大きく成果が変わります。


デザインの改善(ユーザビリティ)

ウェブサイトに人が来たら、次のステップはあなたが望んでいるアクションを訪問者にしてもらうことです。残念ながら、デザイン上の障害、コンテンツの問題、不明確な指示などの問題があり、訪問者の動きを改善するプロセスの完成度をユーザビリティと呼びます。

ユー ザビリティは、ウェブサイトがどうあるべきかという企業のビジョンを訪問者が何を必要としているかというユーザーのビジョンへとすりあわせていく作業で す。情報やグラフィックス、ウェブサイトの組立を変えることで、新しい顧客を取り込み既存の顧客を取り込む力を劇的に向上させることができます。ユーザビリティの権威、Jacob Neilsonは平均的なウェブサイトはマーケティングの効果を83%から135%ほど向上させることが出来ると見積もっています。


Analytics

Analyticsは何が起こったかとなぜそれが起こったかを教えてくれます。Forrester Research's Web Analytics Peer Research Panelの調査では、フルタイムの分析者を雇った会社は900%から1200%の投資対効果を得ているとしています。ウェブサイトの分析をすると、たく さんの大きな問題をすぐに見つけることができるため、一年以内にその効果が現れるのです。

繰り返しますが、 Analytics無しでは改善のために1円も使ってはいけません。新しいデザインが良いか悪いか分かりませんし、オンラインマーケティングのすべての道 具に対してAnalyticsは道具箱なのです。道具箱なしではあなたが必要な道具を運ぶことができませんし、他の道具が必要かどうかについても判断を下 すことができません。あまり良い例えではないかもしれませんが、お伝えしたいことが伝われば幸いです。

Comments