ウェブサイトの問題は誰の責任か

ウェブサイトの問題は開発者やプログラマーの問題なのでしょうか。そうではありません。問題の大半はコミュニケーションによって減らすことができます。ウェブサイトの開発者とクライアントの関係がすぐに途切れてしまいがちです。それには理由があります。


クライアントもしくはウェブサイトの購入者はウェブサイトが欲しいのですが、問題は何を聞けばよいのか、どのように聞けばいいのかわからないことです。見栄 えの良さへこだわることは、企業のインターネット上での成功に対してほとんど理解していないことが大半です。したがって、開発者は開発者が一番良いと思う ことをやります。彼らが理解していることでギャップを埋め、クライアントが何も聞かなければ、何も行わないのです。プログラマーは明確な指示が必要です が、クライアントは普通そのような指示を出すことができません。


それぞれの会社は何かを作るために協力しようとして いますが、それぞれ別の言葉を話しているようなものです。プロジェクトの規模が大きくなればなるほど、開発会社は予算を超えて時間をどんどん投入し、クラ イアントは何かがほしいのですが明確に何が欲しいかを伝えられないためにどんどん不満を募らせるのです。


ウェブサイトが納品された時、開発会社は「納品済み」とみなして次のプロジェクトに移っていきます。その間にクライアントは変更したい内容が増えてきます。多くの ウェブサイトの開発会社はウェブサイトの制作を完成日のあるプロジェクトとみなしています。しかし、事業を営むためにウェブサイトを使用する会社にとって は、ウェブサイトは終わることがありません。つまり、それぞれの会社にとって言葉が違うだけでなく、 期待することやゴールも違っているのです。

Comments