Mittal氏、政治的流動性がインドの意思決定を遅くしていると批判

posted Jul 25, 2012, 9:29 PM by Yasuhiro Yamanaka
http://www.hindustantimes.com/business-news/CorporateNews/Political-dynamics-slowing-decision-making-in-India-Mittal/Article1-895647.aspx

鉱山、製鉄事業のArcelorMittalを持つ、億万長者NRI(非インド在住)のMittal氏が、インドでの政治的流動性によって、政治的意思決定や行政の処置の遅れを生み出していると批判した。マンモハン・シン首相率いるUPA-II政府は、L&TやIT企業のInfosys、HDFC銀行などからも政治的な決定の遅れや、経済成長性の鈍化などから批判を受けており、シンガポールのLee Hsien Loong首相は、インドの事業環境を「複雑」とコメントした。

いずれにしても、世界的にインドのプレゼンスをさらに高めていくことが出来る政治家を国民が選ぶことができるのかが鍵となる。
Comments